そろばんネタ帳 SOROBAN Stories

目次

そろばん四方山話

そろばん修理のビフォーアフター 01

修理のビフォーアフター 01

<修理前>

   

   

修理のビフォーアフター 01

<修理後>

  

 

骨玉のそろばんの修理の例をご覧ください。

【ビフォー】修理前は、玉自体の汚れはもとより、竹芯にも永年ご使用された汚れがこびりついており、玉の動きが悪くなっていました。

職人の手により、「玉洗い」を実施しました。特殊な洗剤で油脂分を溶かして、更に、こびりついた汚れを何度もブラシや布で取ってゆきます。汚れといっても、いろいろな材質がありますので、試行錯誤が続きます。

 【アフター】修理後の画像で、変化がわかるでしょうか?竹芯の汚れはきれいに落ち、玉の調子は最高です。玉の汚れも見事に落ちました。(木の玉では、ここまできれいに落ちないのですが・・・)

 

※お父様が、何十年も大切に使ってこられた、大事なソロバンだそうです。もちろん、大変喜んでいただきました。

 

※なお、骨玉というのは、文字通り牛骨から削り出した玉素材です。象牙と間違う方もいらっしゃいますが、象牙独特の文様が違います。プラスチックの玉に取って代わられて、現在は生産されておりません。